動画配信サービスを比較してみた

MENU

YouTubeとニコニコ動画を比較

私はいくつもの動画配信サービスを利用してきましたが、やはり総合力というか平均的なレベルの高さでは「Youtube」が一番優れているように感じています。

 

世界中からあらゆる動画が投稿される一方で、大人向き、不適切なコンテンツは削除されたりするので安心感がありますし、アクセススピードの良さや動画につくコメントの落ち着きなども非常に快適で、色々な資料や情報を集めたり、国内だけではない世界中のメディアを楽しみたかったりする時には特に重宝します。

 

一方で、「動画投稿者」側に強くアプローチしているためか、たとえば「YOUTUBE発のドラマ・映画・アニメ」といった、自分たちがスタートになるコンテンツなどは比較的弱さがあり、強力な動画読み込み機能を、各社の公式コンテンツが活用し切れていない感も否めません。

 

独自の世界での盛り上がり動画

 

独自的な盛り上がり、動画文化ということになれば「ニコニコ動画」が極めて強力です。

 

元々巨大掲示板「2ちゃんねる」とも強い親和性を持っていたためか、「非公式」を重んじる風土が強く、カタいことは言わないで色々なコンテンツを楽しんでいこうという熱気に満ちてもいました。

 

MADやMMD、あるいは「歌ってみた」等々、独自の技術や盛り上がりをフルに活用したムーブメントがいくつも根付いており、そうした「自由」なアマチュアの場を出発点にプロとしてのキャリアを積んでいった人も大勢いますし、今は公式番組もかなり充実しています。

 

反面、著作権周りに関する部分など、「悪ノリ」が過ぎる部分がいくつかあったことも確かであり、動画視聴にあたって常に会員登録とログインが必要という関係上、熱さの裏返しの閉鎖性があることも否定できません。

 

また、有料会員にならないと動画の画質が低下する、読み込みが遅い、動画中のシークが自由にできない等の技術周りの課題も少なくなく、誰でも簡単に高画質が楽しめる他のサービスに押され気味な現状もあります。

 

GYAOはどうなの?

 

公式動画のみの動画配信サービスで歴史と実績があるのが「GYAO」です。

 

国内外の、映画・ドラマ・ドキュメンタリー・アニメなど、非常に多岐にわたるコンテンツを無料で提供しており、ログインせずとも多くの作品を楽しむことができます。

 

また、現在放映中の作品も積極的に取り上げているので、TVによる本放送を見逃しても間をおかずネットから何度も観ることができるなど、まさにかゆいところに手が届く内容のサービスと言えます。

 

ただ、「YOUTUBE」同様、独自コンテンツの制作配信といった面には強くなく、また、フォローしているジャンルが極めて幅広いため、どうしても特化型のサイトに比べると専門性にかける面があるのも否定できません。

 

現在、HuluやU-NEXT、dTVなど、さまざまなランキングがありますがそれぞれにメリットデメリットがあります。

 

そのためうまく使い分けしているユーザーさんも少なくないみたいですね。